ガラケーのNokia 3210が25年振りに復活!

ライフスタイル
記事内に広告が含まれています。

日本だとガラケーと呼ばれるフィーチャーフォンの雄NOKIAから、25年振りにガラケーNokia 3210が復活!したというニュースを知った。

北欧ということで、当時は洒落た流線形のデザインが特徴的だったことを思い出す。

現地時間2024/5/8に発売された。なんとも言えない色味の3色展開。

通話とメールという今では最低限の機能しかない携帯電話は、ガラケーを知らない若い世代(特に海外で)に一定の人気があるそうだ。

当時を知っている世代でも、これでいいじゃないかという人も多いハズだから一定の需要があるだろう。

円安も手伝い日本でもスマホが高く感じて久しい。NOKIA2310の価格は€74.9、日本円換算で約12,500円になり、低価格なのも若者にウケる要因の1つだ。

主な性能は全体的に当時にしては良くでも、そこはフィーチャーフォンなのでカメラの画素数は200万画素しかない。

記憶容量が128MB+microSDカード32MBに対応し、メモリーは64MBというスペックである。

単位がMBであり、最近では考えられない少なさだ。

その分、バッテリーが1450mAhでも連続通話時間が9.8時間あり、記載はないが待ち受け時間は数日だろう。充電ポートがUSB Type-Cなのは現代と同じになっている。

近年でもNOKIAのフィーチャーフォンは発売されていた。ほとんどのモデルが日本で使用ができなかったのは、そもそもバンド(周波数帯)が対応していないこともあり仕方なかった。

ネットワークのスペックをみるとLTEのバンドが以前より増えている。

Max network speed:4G
Network bands (GSM):3,5,8
Network bands (LTE):VN/MM/NP: LTE: 1,3,5,8 EU + AMEA + Rest of APAC:1, 3, 5, 7, 8, 20, 28, 38, 40, 41(full band) IN + CN: 1, 3, 5, 8, 28, 38, 39, 40, 41
Network bands (WCDMA):1, 5, 8
Networks:GSM/GPRS 900/1800, WCDMA, LTE Cat1
Sim size:4FF+4FF

https://www.hmd.com/en_int/nokia-3210

NOKIA公式オンラインショップでは日本に発送はしていません。

Do you ship to my country?

We currently ship to the United States, the United Kingdom and some European countries. Please note that certain regions such as the Canary Islands, Réunion and other overseas teritorties are restricted by our logistics vendor. If in doubt, please contact our customer support for more information.

現在、米国、英国、および一部のヨーロッパ諸国に発送しています。カナリア諸島、レユニオン、その他の海外領土など、一部の地域は当社の物流業者によって制限されていますのでご了承ください。ご不明な点がございましたら、カスタマー サポートまでお問い合わせください。

日本でも取り扱って欲しい。