Hugoの階層について

テクニック
記事内に広告が含まれています。

Hugoを使うにあたり、どうしてもフォルダ階層がよく分からない。
タグやカテゴリー、Wordpressでいうところの固定ページの役割とか。

当サイトのフォルダ階層を例として載せておきます。

hugo
├─サイトA
├─サイトB
└─サイトC *1
   │  hugo.toml
   │  preview *自前のスクリプト
   │  deploy *自前のスクリプト
   │  ignore_list *自前の同期しないリスト
   ├─archetypes
   │   default.md
   │   tags.md
   ├─assets
   ├─content
   │    ├─posts
   │    │    ├─スラッグ名
   │    │    └─スラッグ名
   │    │          index.md
   │    │          画像.jpg
   │    │ _index.md
   │    │ 
   │    ├─categories
   │    │    └─カテゴリー名(英語)
   │    │          _index.md
   │    ├─tags
   │    │    └─タグ名(英語)
   │    │          _index.md
   │    │ 
   │     _index.md
   ├─data
   ├─i18n
   ├─layout
   ├─public
   ├─resources
   ├─static
   │   ├─css
   │   └─images
   │   favicon.ico
   │ 
   └─theme

この例では、Webサイトを3つ管理するため、サイトC *1が一般的なルートになります。